花野子の珈琲ができるまで

中煎り

ブルーマウンテンNO.1

フローラルな香り、酸味と苦みのバランスが良く、クセのない味わい

日本でも最高位の知名度を誇るジャマイカ産コーヒーの世界屈指の最高級ブランド。
生産量は少ないが、そのほとんどを日本に向け輸出している。豆は大粒で品のよいフローラルな香りがする。精製度は高く、欠点豆はほとんどない。深く焙煎すると平坦な味になってしまうため、花野子では中煎りにし、豊かな香りを引き出しています。

1杯: 1000 お買いものはこちら
100g: 3200
ドリップパック: 3500

モカ・アルマッカ No.9

モカ・マタリNO.9

甘い香りと、独特の酸味とコクをもち「コーヒーの貴婦人」と称される

イエメン産のモカの中でも特に高い評価を受けているのが「マタリ」です。
生豆の質は群を抜いて悪いが、丁寧にハンドピックすることによって、その味は独特な酸味とモカ特有の香を持ち「コーヒーの貴婦人」と称される。
女性の人気も高く、グァテマラ・マラウィと共にマスターのお勧めのコーヒーです。

1杯: 630 お買いものはこちら
100g: 980
ドリップパック: 1380

エルサルバトルSHG

甘味のある爽やかな酸味と力強いコクが特徴。

5代続く伝統農園エル・カルメンの100%ブルボン。標高1200m以上の高地で栽培。
甘味のある爽やかな酸味と力強いコクが特徴。

1杯: 530 お買いものはこちら
100g: 680
ドリップパック: 1080

ブラジル・ウォッシュト

ブラジルウォッシュト

良質の酸味とナチュラルな苦みが味の調和を整える

ブラジルのコーヒーは銘柄数も輸入量も多いのですが、このウォッシュト(水洗式)は ヨーロッパ向けで日本にはわずかしか入ってきません。
豆は大粒で、柔らかな香りと甘味、コク、酸味が程よくマッチして非常に飲みやすい コーヒーになってます。

1杯: 480 お買いものはこちら
100g: 650
ドリップパック: 1030

メキシコ有機

メキシコ有機

酸味と苦みのバランスがよく、上品な香りも楽しめる

標高1700m以上の産地で採れる上級品で、豆のサイズ、肉厚は中くらい。
未成熟豆の混入が少なく、成熟度は高い。
比較的煎りやすい豆で、酸味と苦味のバランスがよく上品な香りもあるコーヒーです。

1杯: 530 お買いものはこちら
100g: 680
ドリップパック: 1080

ニカラグアSHB ファテマ農園

良質の酸味とナチュラルな苦みが味の調和を整える

SHBとは高地で栽培された最高級品を意味し、良質な香りを持ち、味わいも上品でバランスもよく、ほのかな酸味を兼ね備えています。
コーヒーの苦手な方でも気持ち良くお飲みいただけます。

1杯: 530 お買いものはこちら
100g: 680
ドリップパック: 1080

☆コスタリカ・グレースハーニー

小規模生産者が農園、品種、生産処理にこだわった個性豊かなコーヒー

コスタリカでは、2000年頃から小規模生産者が独自に水洗処理設備を所有し、農園、品種、生産処理にこだわった、個性豊かなコーヒーを生産するマイクロミル運動がスタート。
タラス地区グレース農園で、果肉の付いた甘い粘着質を残したまま乾燥させるハニー製法。柑橘系の香りを持ち優しく残る甘みが特徴のコーヒー。

1杯: 630 お買いものはこちら
100g: 830
ドリップパック: 1280

マイルドブレンド

マイルドな仕上げになっており、苦味がすこし苦手な方にお勧め

花野子ではエクアドル、ブラジル、メキシコ、パナマをブレンド。
花野子ブレンドよりワンランク苦味を抑えてあるので、苦味がちょっとという方に お勧めです。

1杯: 480 お買いものはこちら
100g: 650
ドリップパック: 1030