花野子の珈琲ができるまで

珈琲豆について

珈琲は生鮮食品です。
どんなにいい豆でも焙煎してから、時間が経つにつれてどんどん劣化していきます。 古くなれば酸化し、風味もおちてしまいます。 新鮮な豆かそうでないかは、お湯を注いだらわかります。新鮮な豆はお湯を注ぐと「フワーッツ」と膨らみ、古い豆は膨らまず、お湯が「スゥーッ」と下に落ちていきます。
よく保存期限が1年先のものなどを目にしますが、どんなに厳重に真空パックをしても、豆の劣化は避けられません。 ですから、なるべく豆の場合で20日以内、粉の場合で10日以内で使い切って頂ける量をお買い求めください。
コーヒー選びのポイント!
珈琲の焙煎度合は全部で8段階にわかれています。
花野子では大まかに、浅煎り・中煎り・中深煎り・深煎りの4段階に分けており、一般的に浅く煎ったものほど「酸味」が強く、深く煎るほど「苦味」が強く感じられます。
先ずはご自分に合った焙煎度合を知り、お好きなコーヒーを見つけてください。
 浅煎り 浅煎り・・・酸味が好きな方。アメリカンタイプとよばれるコーヒー
 中煎り 中煎り・・・比較的軽めのコーヒー。割と女性が好む。
 中深煎り 中深煎り・・・少し苦味を感じ、ミルクとの相性も〇。割と男性が好む。
 深煎り 深煎り・・・苦味が好きな方。アレンジコーヒーやアイスコーヒーにも最適。
保存方法について
コーヒーは、吸湿性、吸香性に富み、高温化での化学変化も早いので、密閉した容器に入れて、冷蔵庫などの湿度の低いところに保存することが大切です。
また、コーヒーは消臭剤に使用されるほど、他の食品の匂いを吸着しやすい性質を持っていますので、匂いの強い食品の近くでの保存は避けてください。
取扱い銘柄一覧
焙煎 種類 1杯 100g ドリップパック
(10杯分)


ハイチ・コープカブ 630 930 1380
ドミニカ・モンテアルト - - -
ソフトブレンド - - -


ブルーマウンテンNO.1 1050 3500 3800
モカ・アルマッカNO.9 700 1200 1550
エルサルバトルSHG 650 880 1250
ブラジル・ウォッシュド 500 700 1050
メキシコ有機 550 780 1150
ニカラグアSHBファテマ農園 650 780 1150
☆コスタリカ・グレースハニー 650 900 1350
マイルドブレンド 500 750 1100



ルワンダ・ニャルシザ・バフ 650 880 1250
☆東ティモール・レテフォ 有機 650 780 1150
☆グァテマラ・サンタバーバラ 650 780 1150
☆エチオピア・イリガチャフG1 650 880 1250
☆タンザニア・AA TOPリビングストーン 550 780 1150
マラウィ・ゲイシャ 550 780 1150
☆コスタリカSHB 550 780 1150
☆天空のコロンビア・スプレモ 550 730 1100
ニューギニアAA 550 780 1150
花野子ブレンド 500 750 1100


☆ケニアAA 650 880 1250
インディアAP AA 550 780 1150
☆マンデリン・ブルーバタック 650 980 1350
イタリアンブレンド 550 800 1150